高脂血症の症状と更年期の治療|元気ホスピタル

先生

女性の天敵

サプリメント

女性を悩ませる身体の症状には、さまざまなものがあります。毎月の生理痛や肩こりなどはその代表ですが、もう一つ代表的な症状が「冷え症」です。この冷え症とは、手足などの身体の先端が暖まりにくくなっており、慢性的な冷えにさらされている状態のことを指します。この冷え症が起こる原因にはさまざまなものがあげられます。

まずあげられる原因は偏食です。身体を温めるために必要なタンパク質や脂質、ビタミンやミネラルといった栄養分が不足していると、身体に十分な熱が行き渡らず冷え症になると考えられています。さらに、露出が多い服装や締め付けがきつい下着などによる、体が血行不良になって冷え症に繋がることもあります。くわえて、女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、慢性的な冷え症に発展することもあります。

冷え症が慢性化すると、ひどい生理痛や血行不良による肩こり、めまい、代謝の低下による肌のくすみなどといった症状が現れることがあります。とくに、毎月の生理痛がひどい人は、この冷え症に普段から悩まされているという人が多いものです。それぐらい、冷え症と生理痛は深い関係にあります。そんな冷え症を予防するには、きちんと湯船にお湯を張って入浴し、体を温めて血行を促進することが大事です。湯船につかれない時も、足湯などで下半身を温めることが大事です。また、タンパク質や脂質、ビタミンやミネラル類を食事できちんと取り入れるようにしましょう。無理な食事制限やダイエットをすると、冷え症が悪化します。